人気上昇中の昼キャバ

キャバクラの求人情報を探しているけれど、夜よりもお昼の方が都合がいいという方も中にはいると思います。 また、お昼に働きたいけれど安すぎる時給はちょっと…という方も多いのではないでしょうか。

こんな方々にオススメしたいのが今人気急上昇中の昼キャバというお仕事です。
昼キャバで働くことにはたくさんの魅力やメリットがあるのが人気の秘密なのですが、具体的にはどういったことが挙げられるのでしょうか。

まず、何よりもお昼なのに時給がいいということ。
まさにこれが一番のメリットの理由と言えます。
夜には他にやることがある方、夜には弱い方などにも最適ですね。

パート感覚で気楽に働ける!

朝キャバや昼キャバであれば、午前5時頃から夕方頃までの営業になります。
また、お昼の方が時間が長いので、その中で自由に時間を選べるのも魅力的ですね。

パートタイムのように2-3時間程度だけ働くと言う感覚でも問題ないようです。
夜に働けない事情のある方や、家事などで忙しい主婦の方などにも働きやすい環境ですので、特にお勧めのお仕事と言えます。

また、最初にもお伝えしましたが、昼キャバならお昼から高時給で働く事が出来ますので、短時間でしっかりと稼ぎたいと思っている女性の方であれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

昼キャバに関するQ&A(平均給料や、どんな女の子が働いてるか、昼キャバのデメリットなど)
昼キャバの給料はどのくらいですか??

昼キャバは、夜キャバに比べてお金を使うお客さんも減るため、給料は下がります。
女の子の平均時給は、15002500円位のお店が多いです。

昼キャバと、夜キャバの違いはどんなところですか??

働く時間帯が異なるのは大前提ですが、それ以外であげるとするならば、大きな違いはずばり客層です。
夜働いている同業の人(ホストとや、ボーイ)は、なかなか夜飲みに行けないので、仕事帰りに楽しめる朝キャバや昼キャバを利用する人が非常に多いです。

昼キャバで働く女の子は、どんな人が多いですか??

夜の時間帯に働くことが難しい人が多いです。
例えば、主婦やシングルマザー、学生、OLなど
夜働けない人にとっては高時給で働ける為、条件の合う女の子からは人気のある職業です。
中には、”彼氏や家族にキャバクラで働いてる事を隠したい”という子もいます。

昼キャバのデメリットはありますか??

いくつかデメリットはありますが、やはり夜キャバと比べると、お給料はかなり劣ります。
また朝や昼間からアルコールを飲まなくてはいけないという辛さもあります。