夜に比べて給料は低いぶん気楽に働ける

ここまでの記事では、ざっくりと昼キャバのメリットや特徴などについてご紹介してきたのですが、いかがでしたでしょうか。
それでは、今度や昼キャバと夜キャバとの違いについて、分かりやすくお話しを進めていこうかなと思います。

まず、色んな意味でお昼と夜とではキャバクラは違ってきます。
例えば、お給料の面。
夜と比べるとお昼の方が少しお給料が低くなるので、その分仕事の内容自体は気楽になってきます。
給料が低いからと言って楽なわけでは決してないのですが、ノルマが低かったりなかったりしますので、未経験の方でも気負わずにやれたりするものです。

未経験者に昼キャバをオススメしたい理由

一方で、夜を体験していない方にとっては比較対象がないので決して楽ちんとは思えないかもしれませんよね。
いずれにしても、あまりにも楽な接客業なんてありませんので、そのあたりは勘違いしないようにしたいところです。

ただ、やっぱり夜と比べると飲むお酒の量は格段に少なくなりますし、いわゆるキャバ嬢間の競争的なものがあまりありませんので、職場環境は穏やかで気楽な雰囲気になります。
なので、お昼の方が一般的には未経験者などが多いと言われるのでしょう。

もしお金が欲しくて日中に時間があるのなら、夜よりもお昼のキャバクラでの勤務をオススメしたいところです、働くなら太陽の出ているお昼の方が美容にもいいですしね!